3.適正体重の維持:BMI(体重(kg)÷[身長(m)]2)で25を超えない。


 減量の降圧効果は確立されており、大きな臨床の研究でも4.5kgの減量で有意な血圧低下をきたすことが報告されています。
日本でも、平均4.1kgの減量で血圧が低下したという報告があります。
また、減量することにより、薬の量を減らすことができ、中性脂肪などの代謝指標も併せて改善されます。
肥満を伴う高血圧の方においては、減量は重要な血圧を下げる方法の一つです。