坂口医院 内科・循環器科 〒588-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-11-12
TEL 06-6690-2412
FAX 06-6692-3270
はじめに 診療時間・地図 プロフィール 診療案内 医療情報 コラム お問い合わせ
医療情報

高血圧の診断基準・治療目標値 (高血圧治療ガイドライン2014から)
【 どれくらいの血圧から高血圧なのか 】
高血圧の分類
分類 収縮期血圧(mmHg)   拡張期血圧(mmHg)




至適血圧 120未満 かつ 80未満
正常血圧 120~129 かつ/または 80~84
正常高値血圧 130~139 かつ/または 85~89


Ⅰ度高血圧 140~159 かつ/または

90~99

Ⅱ度高血圧 160~179 かつ/または 100~109
Ⅲ度高血圧 180以上 かつ/または 110以上
(孤立性)収縮期高血圧 140以上 かつ 90未満

【 どれだけ血圧を下げるべきなのか】
  診察室血圧 家庭血圧
若年・中年・前期高齢者患者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満
後期高齢者患者 150/90mmHg未満
(忍容性があれば140/90mmHg未満)
145/85mmHg未満(目安)
(忍容性があれば135/85mmHg未満)
糖尿病患者 130/80mmHg未満 125/75mmHg未満
CKD患者(蛋白尿陽性) 130/80mmHg未満 125/75mmHg未満(目安)
脳血管障害患者
冠動脈疾患患者
140/90mmHg未満 135/85mmHg未満(目安)
2009年のガイドラインと比べ、少し降圧目標値が変更されました。
高血圧の方の生活習慣の修正

高血圧の方にとって、薬を飲み始める前に、また飲み始めてからも食事運動療法は重要です。
減塩食や運動などの生活習慣の修正はそれ自体で血圧を下げる効果があるだけでなく、血圧の薬を効きやすくする効果もあります。脳卒中や心臓病予防からも原則としてすべての高血圧の方に守ってもらいたいと思います。
2009年1月に発表された日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインによると、生活習慣の修正項目として以下のことがあげられています。

  1. 食塩制限 (6g/日)未満
  2. 野菜・果物の積極的摂取 コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える。
  3. 適正体重の維持・・・BMI(体重(kg)÷[身長(m)])で25を超えない。
  4. 運動療法・・・心血管病のない高血圧患者が対象で、有酸素運動を毎日30分以上を目標に定期的に行う。
  5. アルコール制限
  6. 禁煙
  7. その他の生活習慣の注意事項
生活習慣の複合的な修正はより効果的です。