1.食塩制限 (6g/日)未満


 食塩の過剰摂取が血圧を上昇させることは以前より分かっています。
1日6gに塩分を制限することにより、平均5mmHg程度の血圧低下効果があると言われています。
ほとんどの加工食品に食塩が添加されていますので注意しましょう。
また、食塩の栄養表示は食塩でなく ナトリウム(Na)の表示(mg/100gあるいはmg/100mL)となっています。
なお、Naと食塩相当量の関係は
食塩相当量(g)=Na(mg)×2.54÷1000 で表されるので計算してみましょう。